バスのつまりは業者が必要?

水まわりで発生する「つまり」として、次に紹介するのは「浴室のつまり」についてです。浴室のつまりについても、業者なしで対応できる場合と、そうでない場合とがあります。それでは、まずは業者なしで自分で対処することができる場合について紹介します。

業者なしで自分で対処することができる「つまり」は、髪の毛などが配管で固まってしまっていることでつまっている場合です。こういった原因によるつまりであれば、つまりの原因となっている髪の毛を溶かしてしまうことができれば解消できます。髪の毛を溶かすための洗剤などが販売されているため、使用すると良いでしょう。ただし、混ぜるな危険のものも多いため、使用の際には注意が必要です。

業者なしでは対応することが難しいつまりの例としては、歯ブラシなどの固形物をつまらせてしまった場合についてです。この場合、髪の毛のように溶かしてしまうことができないため、配管の奥に入り込んでしまったものを取り除くことができる業者でなければ解決することができません。

浴室のつまりについては、何が詰まっているのかによって業者の必要性が違っていると考えると良いでしょう。髪の毛のつまりについては、排水口に髪の毛受けを取り付けておくだけでも予防ができると言えます。